今や定番アイテム♡オペラ リップティント の、れぽ!

ひなです(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

口紅やグロスを選ぶ際、皆さんは何を重視しますか?
私は「透明感」と「色持ち」です。
この2つの両立って難しいですよね。
透明感のあるシアーな発色の口紅だとすぐ落ちるし、色持ちの良いものはマットだったりする。

でも!今日ご紹介するオペラリップティントは、その両方が叶う素敵なリップ♡
今ではもう、一人一本は持ってるんじゃってほど有名で定番のアイテムですね!
引っ越し前のブログでも、発売してすぐくらいにれぽ!しましたが、オペラのリップティントのことが大好きなので、改めてこちらでもご紹介させていただきます♡

オペラのリップティントってこんなリップ♡

@cosmeでも絶大な人気を誇り、今や一人一本は持っているのでは?というほどの大人気リップ。
リップオイルをベースに作られたリップティントだから、艶と発色の良さを両立!
カラーは限定も含めるとかなりの数になるのですが…定番は、

  • 01 レッド
  • 02 ピンク
  • 03 アプリコット
  • 04 オレンジ
  • 05 コーラルピンク
  • 06 ピンクレッド

の、全6色。
このうち私が購入したのは、レッド、ピンク、ピンクレッドです。
05のコーラルピンクは花嫁リップとして売り出されていましたね。
発売当初はコーラルピンクが入手困難だった気がします。

艶っとした仕上がりながらも、ベタつきなどは全くありません。
唇の皮が剥けている箇所には塗りたてこそ溜まりますが、すぐに馴染んでわからなくなります。
ティントは唇が荒れる…という体質でもないのですが、皮剥けはありませんでした。

限定色以外の定番色は、どれもラメ・パールなしです。
ラメ・パールが苦手な私にはとってもありがたい!
プランパー効果などはありませんが、ツヤツヤの仕上がりなので唇をぷっくり見せてくれます!

スウォッチと各色のレビューはこちら!

まずは腕に塗ったものから。

上から、レッド、ピンク、ピンクレッドです。

まずは一番上のレッドから!

まずは赤から。
腕へのスウォッチで見ると、パキッとした赤ではなく、朱といった感じ。
実際に塗ってみると、素の唇が綺麗な人のような、ナチュラルに血色が良く見えるカラーです。
赤だけどどぎつくないので、赤に挑戦してみたい!でもくちびるオバケになるのは嫌!
という方にとってもおすすめのカラーです。
でも私は持っている三色の中で、一番利用頻度が低かったり…嫌いではないのですが、
なんとなく私に似合わないのですよね。パーソナルカラーなども関係してるのかもしれません。

お次はピンク。今回ご紹介している三色の中では、一番華やかなカラーです。
青みのあるピンクなので、似合う・似合わないがありそうですね…。
時間が経つほどに青みが強くなることもなく、青みピンクだけど使いやすいと思います。
華やかなだけに、ナチュラルさを求めている方には向かないかなと思いました。

最後にピンクレッド。私が一番お気に入りのカラーです!
赤ほど馴染みすぎず、ピンクほど派手にならない、絶妙なカラー。
二つのカラーのいいとこ取りですね♪
このピンクレッドは唯一リピートしています。
どんなメイクにも合わせやすいので、出番も多いのがこのピンクレッドですね。

本当に落ちないの?

塗りたてのウルウル感はずっとは持ちませんが、カラーはばっちり残ります!
さすがにラーメン食べたりパスタを食べると落ちてしまいますけど…。
ジュースを飲んだくらいでは色移りもあまりせず、色落ちはあまりしません。
なのであまりお直しが出来なくても安心ですね。
ただ時間と共に発色が良くなり、濃くなってくるのでお直しの際にはリップティントを重ね塗るより、
艶を与えるだけが良いかなと思いました。
例えば以前紹介した、セザンヌのラスティンググロスリップや、メンソレータムのリップフォンデュなど。
こないだ購入したのですが(また後日れぽ!しますね)Diorのマキシマイザーなども良いと思います。

本当に落ちないんだな、発色が良くなるんだなと感じるのは、ちょっと昼寝した時。
軽くティッシュオフして熟睡→起きる→唇濃ゆ!!ってなります(笑)

匂いもなく、刺激もないので使いやすさはバッチリです。
是非、チェックしてみてくださいね♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアお願いします♡

コメント

コメントする

メニュー
閉じる